ブックタイトル人間関係学研究科_履修の手引き2015

ページ
45/86

このページは 人間関係学研究科_履修の手引き2015 の電子ブックに掲載されている45ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

人間関係学研究科_履修の手引き2015

- 41 -1)専任教員 人間関係学研究科の専任教員を紹介します。(領域・五十音順)臨床心理学領域  安 立 奈 歩 (あだち なほ) e-mail:naho@sugiyama-u.ac.jp◆ 最近の研究テーマ・ 個のありよう・関係性において(主に青年期における表現の特徴、女性のライフコース、母子関係の領域)生成される動きに目を向け、その体験がどのようなもので、どのように生成されるのか。・ 臨床心理士の様々な活動領域(学校、保健センター、小児科など)における他職種との協働や、実効ある心理臨床的援助とは、どのようなものか。◆ 指導可能な領域 上記のテーマに関することや、その周辺領域。臨床心理学領域  岡 田  敦 (おかだ あつし) e-mail:okada@hs.sugiyama-u.ac.jp◆ 最近の研究テーマ 私は20 数年以上にわたって、臨床心理士として精神科臨床に従事して、実践的な臨床技術の向上を目ざしてきた。主たる研究テーマは、(1)心像表現の象徴化作用およびその心理療法場面での利用(2)治療関係にみられる「入れ子構造」、表象空間の成立と治療場面にみられる「劇化」的展開・再演化に関する研究(3)青年期患者の入院治療状況の構造化(とくに境界水準)とその心理療法実践(4)統合失調症者など精神障害者への表現療法の治療的適応(とくに絵画やコラージュ表現)(5)文藝作品の表現精神病理学的分析と考察などである。◆ 指導可能な領域 それ故、<指導可能な領域>は上記に関連したものに限られる。