ブックタイトル人間関係学研究科_履修の手引き2015

ページ
17/86

このページは 人間関係学研究科_履修の手引き2015 の電子ブックに掲載されている17ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

人間関係学研究科_履修の手引き2015

- 13 -6)課程修了の要件  1.カリキュラムの構成と修了要件(1)カリキュラムの構成 本研究科の授業科目はすべて、前期・後期の半期集中で行うセメスター制で開講されます。教育課程の編成にあたっては、授業科目群として、研究基礎科目、研究発展科目、関連科目、事例研究科目および特別研究を開設します。研究基礎科目・・・人間関係論Ⅰ、Ⅱ、Ⅲを開設します。人間関係論Ⅰ、Ⅱ、Ⅲは、人間関係へ各領域がどのようにアプローチするかを修得することを目指しています。研究発展科目・・・各領域の研究を深化させることを目指した特講・演習・実習科目を開設します。関連科目・・・人間や人間関係の多面的な理解や研究に寄与し、臨床心理学、社会学、教育学領域の研究を直接間接に補充すると考えられる隣接ないし関連学術分野、すなわち自然科学、人類学、経営学の知見を修得することを目指します。事例研究科目・・・臨床心理学、社会学、教育学の各領域における問題とその研究法を事例的に追求する事例研究Ⅰ、事例研究Ⅱ、事例研究Ⅲを開設します。特別研究・・・研究基礎科目、研究発展科目、関連科目、事例研究科目で修得した専門的、学際的な知見や研究能力を基礎にして、学生独自の問題意識に支えられた研究課題を解明するものであり、課題に応じて最適の教員のもとに十分な研究(修士論文完成)を遂行できることを狙いとします。(2)修了要件 人間関係学研究科人間関係学専攻修士課程を修了するためには、本研究科において所定の期間在学し、開設科目から31 単位以上修得し、かつ修士論文を提出して最終試験に合格しなければなりません。(3)単位制度1.単位制および単位数 大学院における教育課程は、単位制を採用しています。各科目について一定の基準で定められている単位を修得する制度のことです。単位は、試験やその他の方法の課題に合格することにより与えられます。また、1単位の修得には教室内の授業と教室外における準備・復習のための学修をあわせて、45 時間の学習時間を必要とします。科目の種類単位計算規準単位数講義演習毎週時間( コマ)の授業× 週実験・実習毎週コマ)の授業× 週