ブックタイトル教育学研究科_履修の手引き2015

ページ
65/68

このページは 教育学研究科_履修の手引き2015 の電子ブックに掲載されている65ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

教育学研究科_履修の手引き2015

―- 6611 - ―椙山女学園大学大学院科目等履修生規準平成11年大規準第9号平成11年4月20日制定  (趣 旨)第1条 この規準は、椙山女学園大学大学院学則(以下「学則」という。)第29条第1項の規定に基づき、科目等履修生に関して必要な事項を定める。  (履修資格)第2条 科目等履修生の履修資格は次の各号の一に該当する女子とする。 ?  学則第15条に規定する大学院入学資格を有する者 ?  修士課程における授業科目の履修については、大学に3年以上在学し、又は外国において学校教育における15年の課程を修了し、当該研究科委員会において、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者 ?  博士後期課程における授業科目の履修については、修業年限4年以上の大学を卒業し、又は外国において学校教育における16年の課程を修了し、当該研究科委員会において、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者  (出願手続)第3条 科目等履修生として履修を志願する者は、2月または8月の指定期日までに、次の書類及び検定料を添えて、学長宛に提出しなければならない。 ?  科目等履修願(本学所定様式) 1通 ?  履歴書(写真貼付、捺印)  1通 ?  最終学校の卒業(修了)証明書又は卒業(修了)見込証明書    及び成績証明書 1通 ?  健康診断書 1通 ?  写真(縦4㎝×横3㎝、出願前3ヶ月以内撮影のもの) 1通 ?  在職中のものは、その所属長の承諾書 1通 ?  その他本学が必要とする書類  (検定及び許可)第4条 検定は、当該研究科において、書類選考及び、必要に応じて面接選考により行うものとする。その結果に基づき、当該研究科委員会の審議を経て学長が履修を許可する。2 前項の規定により履修を許可された者に対し、科目等履修許可証を交付する。  (学費等)第5条 履修を許可された者は、指定の期日までに、学則第29条第2項に定める登録料及び履修料を納付しなければならない。2 教職課程に係る授業科目を履修する場合は、前項のほか、当該課程等の履修費を別に納付しなければならない。3 実験・実習等の科目を履修する場合は、経費を別に徴収することがある。4 前3項により納付された履修料等は、一切返還しない。  (履修期間)第6条 科目等履修生の履修期間は、履修を許可された日から1年以内とする。2 許可された期間を終了後、継続して履修を志願する場合は、改めて出願するものとする。  (履修の範囲)第7条 科目等履修生の履修の範囲は次の通りとする。 ?  原則として講義科目に限るものとする。 ?  上限5科目とする。2 教職課程に係る授業科目を履修をする場合は、前項にかかわらず履修することができる。  (単位の認定等)第8条 履修した授業科目の単位認定及び成績評価は、当該研究科委員会で行う。  (証明書の発行)第9条 前条により単位を認定された者には、単位修得証明書を発行する。