ブックタイトル教育学研究科_履修の手引き2015

ページ
32/68

このページは 教育学研究科_履修の手引き2015 の電子ブックに掲載されている32ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

教育学研究科_履修の手引き2015

- 28 -石橋 尚子主要研究分野発達心理学最近の研究テーマ1.「理想の人間像」の育ちに関する研究。児童生徒を対象とした理想自己と現実自己についての発達的研究と、教師の期待との関係、並びに両者の日韓比較研究。2.オノマトペ(擬態語・擬声語)の発達と教育効果等の研究。指導可能な領域発達心理学並びに幼児教育・保育にかかわる領域。乳幼児から小学生までを主な対象として、その発達の様相や教育・保育のあり方等について、指導助言する。また、教育や保育の分野が抱える今日的課題について検討する。磯部 錦司主要研究分野造形表現、美術教育、美術(絵画)最近の研究テーマ造形表現の内容、位置づけ、展開、役割と意味を実践的研究から考察。グローバル化や国際化、地域性や自然観・生命観等に関わる今日的課題について、造形表現をとおした実践および制作活動から探求。指導可能な領域表現領域(造形)、図画工作科における実践的研究及び子ども理解。造形表現をとおした異文化間教育、諸外国との比較研究。社会的活動としての展開、ワークショップにおける実践、絵画を中心とした制作活動等。植松 峻主要研究分野声楽、指揮、音楽教育最近の研究テーマ・生理的に開放された声の研究とその指導法の実践方法の研究・日本語とドイツ語、イタリア語の構成要素の比較考察と声楽曲への応用・古今東西の合唱曲の研究と演奏法指導可能な領域・世界史、日本史の流れの中の文化史(音楽)としての声楽曲(合唱)の位置付けと分析(文化史・美学)・声楽曲、合唱曲の諸背景の考察その演奏法の研究(声楽、演奏法)大森 隆子主要研究分野幼児教育学最近の研究テーマ伝承遊びの継続的研究の一環として、「折り紙」並びに「言葉遊びに取り組んでいる。「折り紙」に関しては、日本の折り紙の歴史を探る過程で、ドイツの折り紙との関係性など国際的視点を持って研究している。明治初期の幼稚園教育を支えた保育者、その養成カリキュラムについても、現在の保育・教育者養成の在り方と絡めて研究している。指導可能な領域日本の幼稚園の歴史に関する研究。保育・教育内容として取り上げられる子どもの遊びや文化全般について、実践を支える理論の構築、理論を押さえた実践の展開等、理論と実践の双方を視野におきつつ保育・教育の質向上につながる研究。河野 庸介主要研究分野国語科教育最近の研究テーマ児童・生徒の学習意欲を喚起するための具体的な指導方法の開発に取り組んでいる。現在、国語科教科書に掲載されている教材を活用し、魅力的な国語科授業を展開するための「学習課題」について研究している。指導可能な領域小学校及び中学校、高等学校における国語科指導に関する分野(「話すこと・聞くこと」「書くこと」「読むこと」)と学習指導要領国語の変遷及びその特徴について。Ⅳ 研究分野