CAREER GUIDE BOOK 2019 - Sugiyama Jogakuen University
84/158

1学力や適性で応募者を絞り込むことが目的 筆記試験や適性検査の形式は企業によってさまざまですが、多くの場合、その結果で学生の基礎的な学力や適性を把握し、応募者を絞り込むことを目的に実施されます。出題される問題の難度はそれほど高くありませんが、この筆記試験を突破しなければ次の選考に進むことができません。どのような種類の試験があるのか、またその出題傾向について事前に研究し、しっかりと試験対策に取り組んでおきましょう。一般常識試験 国語、数学、英語、理科、社会などの中学校や高校で学んだ基礎的な知識を問う問題や、社会、文化、政治、経済、スポーツなどに関する時事問題などが出題される試験です。企業は、入社後に日常の業務をスムーズに進めるための基礎学力や社会への関心度について判断しています。●出題分野が幅広く、暗記を必要とする問題も多いので、事前に時間をかけて準備しておきましょう。●中学校・高校レベルの問題が多いので、練習問題を解いて勘を取り戻しておきましょう。●時事問題対策として、普段から新聞やニュースを見るように心掛けましょう。傾向と対策 筆記試験・適性検査筆記試験・適性検査は内定獲得への第一関門。しっかりと対策を立てて臨もう。 Lesson.2468PART 4採用試験

元のページ  ../index.html#84

このブックを見る