CAREER GUIDE BOOK 2019 - Sugiyama Jogakuen University
49/158

業界・職種・企業研究ガンバレ 就活!文理不問の企業も増えている!志望職種を検討する際に、どうしても「文系だからこの職種」「理系だからこの職種」と考えてしまいがちです。しかし、募集職種で文系・理系を問わない企業も増えています。 まずは先入観を持たずに、どのような仕事がしたいかを考えてみると良いでしょう。技術系マスコミ・クリエイティブ系専門職系ハードウェア関連、ソフトウェア関連、機械・電気関連、建築・土木関連の職種などがある。日々進展する分野であるため、研究熱心であることが重要。広告、出版、映像、音楽、ファッションなど、多くのジャンルで活躍。商品のクオリティを高めるだけでなく、時代を読み取る感性や斬新な切り口など、オリジナリティが求められる仕事でもある。他のクリエイターとの連携も多く、調整能力も重要なポイントとなる。それぞれの業界内における専門的な知識・能力を活かす仕事。あらかじめ免許や資格の取得が必要とされている仕事や、入社後に研修や経験を積みながら能力を高めていく仕事など、さまざまなものがある。仕事によっては、経験を積んで独立することも可能である。システムエンジニア(SE)顧客企業のニーズをヒアリングし、最適なシステムを設計・構築・提案する。プログラマーシステムの設計書をもとに、プログラム言語を用いてさまざまなプログラムを作成する。設計・技術者(機械・電気)製品開発における電子機器や機械の設計・開発を行う。クリエイティブな要素も強い。品質管理・生産管理製造過程でのトラブルを防ぐためのチェックを行ったり、生産ラインの稼働や人員計画などの管理を行う。研究開発研究を重ねて、生産を効率化するための技術や新製品などを開発する。施工管理建築工事や土木工事において、工事の計画、進行管理、現場の管理監督を行う。編集出版や広告業界で、企画立案からクリエイターの手配、予算管理までを行い、出版物・広告物の紙面を作る。記者ニュースなどの情報を提供するため、さまざまな取材を行い、記事を書く。コピーライター広告代理店や広告制作会社で、商品・サービス・企業の広告・宣伝用の文章を作成する。番組制作スタッフテレビ番組やラジオ番組を制作するためのスタッフ(ディレクター、カメラマン、音声、照明、美術など)。コンサルタントクライアントが抱える課題を解決する方法を提案する。経営に関することやIT、人事など専門分野への細分化が進み、専門的なスキルが求められる。証券アナリスト株式市場に限らず、個々の企業の状態や経済全般など、幅広く調査・分析を行う。公認会計士監査・会計・財務の専門家として、会計業務全般、経営コンサルティング業務などを担当する。公認会計士の資格が必要。行政書士行政機関に提出する申請書類などの作成・代行を行う。行政書士の資格が必要。【他にもこんな仕事がある!】ネットワークエンジニア/基礎研究/応用研究/設計/積算/測量など 【他にもこんな仕事がある!】CMプランナー/ライター/グラフィックデザイナー/Webデザイナー/ゲームクリエイター/ファッションデザイナー/アナウンサーなど【他にもこんな仕事がある!】弁護士/司法書士/司書/不動産鑑定士/建築士/ファイナンシャルアドバイザー/ディーラー/インストラクター/客室乗務員/ツアーコンダクター/ケースワーカー/カウンセラー/教員/大学教授など33PART2

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る