CAREER GUIDE BOOK 2019 - Sugiyama Jogakuen University
43/158

業界・職種・企業研究ガンバレ 就活!自己分析・試験対策と同様に、時間をかけてしっかり研究しよう!入社3年以内に離職した人の多くが、離職理由を「仕事内容・社風のミスマッチ」と答えているように、就職活動の成功を大きく左右するのが業界・職種・企業研究です。情報収集には時間がかかり大変ですが、早い段階からしっかりと研究しておきましょう。イメージにとらわれず、幅広い情報収集を 業界・職種・企業研究の最大のポイントは情報収集にあります。正しく理解するためには、イメージだけで判断するのではなく、多くの情報を集めることが必要です。 情報収集のツールとしては、インターネット、就職情報誌、新聞、雑誌などがあげられますが、それと同時に「情報を足で稼ぐ」ことも大切です。大学が開催する業界セミナーや、合同企業説明会、企業が主催するインターンシップに参加したり、OB・OG訪問などで先輩に話を聞くなどして、積極的に情報を収集してください。「業界・職種」→「企業」の順に研究を進める43まずはどのような業界があるのかを調べ、興味や関心のあることから、業界をピックアップしましょう。その後、各業界の動向や将来性などを比較検討し、志望する業界を固めていきます。志望業界、希望する職種が固まってきたら、さまざまな企業の情報を収集、比較検討して、志望企業を絞り込みます。業界研究と並行して、どのような職種があるのかを調べます。3年~5年後の自分をイメージしながら、自分がどのような仕事をしたいのかを考えましょう。業界研究企業研究職種研究➡P40「情報の集め方」を参考にしよう!27PART2

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る