CAREER GUIDE BOOK 2019 - Sugiyama Jogakuen University
135/158

さまざまな就職活動民間企業との併願は、より慎重な計画と対策を。併願を考えている場合は、民間企業での選考開始時期と公務員試験の選考開始時期が重なってしまうので、より綿密なスケジュール管理が必要です。左ページのスケジュール例なども参考にして、早めに併願に向けた計画を立てることが重要です。受験に際しての注意事項■年齢制限、学歴制限、日本国籍を問われる場合がある 地方公務員の場合、大学卒業者は「大卒程度」の試験は受験できますが、「高卒程度」の試験は受験できないことがあります。また、公務員を志望するには基本的に日本国籍を有する必要がありますが、試験区分によって不要な場合もあります。■異なる自治体で試験日が重なることが多い 近隣の自治体で同一の試験日を設定するケースが多くなっています。試験日が異なれば、複数の自治体を受験できますが、試験日が重なっていることも多いため、試験日程を把握した上で、どの自治体を受験するかを十分検討しておきましょう。9しっかりと勉強することが必要 公務員試験では、基礎能力試験(教養試験)と言われる一般的な知識や学力に関する試験を見ても、出題内容が広範囲にわたり、たやすくクリアできるようなものではありません。さらに専門試験として、その職種に必要な専門知識を問われる試験もあり、事前の勉強と対策は不可欠です。 受験に向けて計画的に勉強をするために、市販の参考書を活用したり、公務員受験専門のスクールで学ぶことも有効です。10公務員試験の出題内容 公務員試験には、一般的に1)基礎能力試験(教養試験)、2)専門試験、3)論文・作文、4)面接・集団討論等、の4種類があります。ただし、専門試験の出題範囲が自治体ごとに異なっていたり、あるいは専門試験や論文・作文が省かれる場合など、各省庁、自治体によって、また試験区分によってもさまざまです。 試験内容は事前に発表されるので、受験を希望する試験がどのような内容で実施されるかを把握しておきましょう。8基礎能力試験(教養試験)一般教養や常識を問われる択一式の試験。知能分野、知識分野の2つに分けられる。専門試験それぞれの職種に応じた専門的な知識を試す試験。択一式や記述式で行われる。論文・作文課題に対して、文章で自分の意見を筋道を立て述べることができるかを評価される。面接・集団討論志望者の人柄などを評価。個別や集団での面接、課題に対して討論する集団討論などがある。がココポイント!!基礎能力試験(教養試験)対策の勉強は必須!いずれの省庁、自治体においても、大半の1次試験で基礎能力試験(教養試験)が実施されます。公務員をめざす人であれば、必ず突破しなければならない第一関門とも言えますので、しっかりと勉強しておきましょう。119PART7ガンバレ 就活!

元のページ  ../index.html#135

このブックを見る