CAREER GUIDE BOOK 2019 - Sugiyama Jogakuen University
133/158

さまざまな就職活動分からないことは、積極的に省庁や自治体に確認!各省庁や地方自治体から発表される採用情報を見ても分からないことがある場合は、直接電話で問い合わせればきちんと教えてもらえます。国家公務員・地方公務員それぞれの役割 「国家」と「地方」、同じ公務員でも活躍の場が異なれば、求められる役割にもそれぞれの特徴があります。それぞれの役割について、ここでは簡単に触れますが、省庁や自治体ごとにさまざまな仕事がありますので、詳しくはホームページなどを参考に、情報収集をしてください。6国家公務員の仕事地方公務員の仕事 各省庁やその関連機関等において、国全体を支え、守る仕事に携わります。法務省や警察官の仕事のように、国の治安や秩序を守るための仕事、外務省での国家間の外交を専門に担当する仕事、国土交通省での道路や治水、港湾などの整備事業に関する仕事、厚生労働省での労働や福祉に関する仕事、文部科学省での教育や文化に携わる仕事など、いずれも国家レベルの施策に取り組みます。 都道府県、市区町村それぞれの自治体で、その住民を支える仕事に携わるのが地方公務員です。 役所・役場での出生や婚姻、戸籍関連の窓口業務、水道、道路、ゴミの回収など生活維持のための事業、それらの施策を企画・運営していく部門、地域活性化のための産業育成やその宣伝活動、教育を支える学校事務など、地方公務員は、私たちの暮らしにより密接したかたちでサポートをする仕事です。国家公務員総合職・一般職・専門職 国家公務員試験において、最も受験者数が多い職種です。総合職は大学院及び大学卒業程度、一般職・専門職は大学及び高校卒業程度の試験レベル(難易度)とされています。総合職は政策の企画立案能力、一般職は的確な事務処理能力、専門職は専門的知識を有するかどうかを重視されています。警察官や消防官も地方公務員にあたりますが、下のように、警察官と消防官は採用窓口が分かれています。 ●警察官:都道府県採用 ●消防官:市区町村採用警察官や消防官をめざす人は、どの自治体に採用があるか、またどのような時期に募集があるかをホームページなどでチェックしておいてください。警察官・消防官117PART7ガンバレ 就活!

元のページ  ../index.html#133

このブックを見る