CAREER GUIDE BOOK 2019 - Sugiyama Jogakuen University
124/158

Uターン・Iターン就職地方で働くための情報収集や活動方法のポイント。1Uターン・Iターン就職とは Uターン・Iターン就職は、どちらも地方での就職を希望することを指します。Uターン就職は地方出身者が地元に戻り就職することを言い、Iターン就職は都市出身者が地方に就職することを言います。採用情報の入手方法はさまざま 地方の採用情報を探す上で有効なのがインターネットです。地方の就職情報サイトなどを使えば、都市で暮らしながらその地方だけの採用情報を見つけることができます。Uターン就職をする場合は、家族や親族、地元の友人、知人などから採用情報を得るのも1つの方法です。地方新聞の求人広告や求人案内、地元で開催される合同企業説明会などがないか、聞いてみましょう。また、地方のハローワークや商工会議所に問い合わせてみるのも良いでしょう。さらには、大学のキャリアセンター(就職課)を活用して地方の採用情報を探すこともできます。スタッフに相談してみましょう。 地方の企業にも、優良企業は多くあります。ただ、都市と異なり採用人数が少ないことが多いので、早めに採用の流れを確認して、エントリーや説明会予約などの機会を逃さないようにしましょう。2●インターネット ・地方の就職情報サイト ・企業ホームページ●家族や親戚、地元の友人からの情報●地方新聞の求人案内●地方のハローワーク・商工会議所●地方で開催される合同企業説明会●キャリアセンター(就職課)採用情報の入手方法就職活動を、都市と地方の両方で並行して行うのか、地方1本に絞り込むのか、それによって就職活動が大きく変わります。地方への就職活動は、時間的制約があるので、早めに意思決定をして、効率的なスケジュールを組めるようにしていく必要があります。地方に何度も出向いて就職活動を行うのは、時間的・経済的な面でかなりの負担がかかります。早めに情報を収集しておき、大学の長期休暇を利用して説明会や面接に参加するなど、効率的に活動しましょう。地方で就職活動を行う場合、選考を受けるための移動や宿泊が伴います。長期休暇などを利用しても、限られた期間内に集中して活動を行う必要があるため、きちんとしたスケジュール管理がポイントとなります。また都市と並行して就職活動を行う場合は、選考が重ならないように注意しなければなりません。自分の負担を軽くして、少しでも就職活動に集中するためにも、スケジュール管理をしっかりと行っておきましょう。①早めに意思決定をしよう②長期休暇を有効利用しよう③スケジュール管理をしっかりと活動のポイント Uターン・Iターン就職は、採用情報の量が少ないことや、説明会や選考に参加するための時間・交通費などの面で進めづらいと感じることもあります。そういったものを克服し、就職活動を成功させるためにも、早めに準備をすることが必要です。3108PART 7さまざまな就職活動 Lesson.40

元のページ  ../index.html#124

このブックを見る