CAREER GUIDE BOOK 2019 - Sugiyama Jogakuen University
114/158

98PART 6内 定 Lesson.36 内定獲得後の注意ポイント1社でも内定を得たら、次のことに注意しましょう。1キャリア支援課への報告が必要です 採用試験に合格した場合、一般的には企業から直接本人宛に採用内定の通知があります。内定(内々定)の通知を受けたときは、直ちにキャリア支援課に「内定報告書」を提出し、報告してください。内定承諾の場合はもちろん、内定辞退の場合も必ず報告するようにしてください。 まず、内定先企業の志望度を確認し、就職活動を継続するかしないかを決めることが必要となります。また企業の多くが「内定承諾書」の提出を求めてきます。対応方法も含め、キャリア支援課まで相談してください。2内定後の就職活動1)就職活動を終了する場合(志望度が高い企業から内定) 選考途中の他の企業には、必ず選考辞退の連絡をしてください。また、内定承諾書が必要な場合、提出期限に余裕を持って書類作成し、キャリア支援課のチェックを受けましょう。また同時に就職活動報告書(体験記)を必ず提出してください。2)引き続き就職活動を希望する場合 就職活動では同時に複数企業の選考を受けるのですから、数社から内定を獲得することがあります。獲得した内定をすべて保持したままで、最後に企業を選ぼうと思いがちですが、企業にも他の学生にも迷惑をかける行為です。志望度が低い企業については、早めの内定辞退の連絡を心掛けてください。内定承諾書への対応も含め、キャリア支援課まで相談してください。3選考辞退、内定辞退の対応方法志望度の高い企業から内定を得たときや、志望度の高い企業と選考日程が重なったときなどに選考辞退の連絡が必要です。志望度の高い企業から内定を獲得したときは、既に内定を得た他の企業へ辞退の連絡が必要です。企業にとって、辞退の連絡は決して良い印象を与えるものではありません。マナーを守って、誠意のある対応が必要です。選考辞退:内定辞退: まずはキャリア支援課に相談

元のページ  ../index.html#114

このブックを見る