学部・大学院

ウェリントン・ヴィクトリア大学

Victoria University of Wellington
(ウェリントン・ヴィクトリア大学、ニュージーランド)

English Language Institute School of Linguistics and Applied Language Studies

http://www.victoria.ac.nz/lals/

※プログラム内容・費用などはすべて目安であり、変動の可能性があります。

コース名称・期間・内容
English Proficiency Programme

最初から1年間の滞在を前提としたプログラムです。最初は語学学校に在籍して英語を学びますが、成績に応じてその後のコースは変わります。

<English Proficiency Programme>
Trimester 2(9月-10月)
Trimester 2は、本来12週間のコースですが、本学部プログラムでは6週間の参加になります。
Trimester 3(11月-2月)
Trimester 1(3月-6月)

Trimester 2またはTrimester 3終了後、定められた成績を取得した場合は、Foundation Studies Programme(大学入学準備課程、-7月)またはDegree Programme(学部課程、-10月)に進むことができます。

費用など
費用:350万円 ※概算:渡航費および標準的な生活費を含む
滞在:ホームステイ(夏休み期間中は大学寮に移動)
生活情報

EPPでの授業は9:00-13:00(月~木)で、昼食後は、外国語センター(Language Learning Centre)で宿題をやったり自習をしたりします。金曜日は、試験です。Language Buddy制度を利用して、現地の学生と友達になりましょう。カウンセリング・サービス(学習相談)を常時受け付けています。FoundationまたはDegree Programに進学した場合は、自分で時間割を組むことができます。Victoria International [www.vuw.ac.nz/international]は、留学生のためのセンターです。様々な相談を受けます。このセンターのWebサイトは大変充実しています。VUWを知るために事前に一度は訪れてください。

教員による印象・コメント
Wellingtonの丘の上にある大学で、大学の建物もかなり段差があります。また、13,000人くらい学生がいるので、椙山を大規模にした大学だと思ってください。大学から下方を見ると、Wellingtonのダウンタウンが見渡せます。
Wellingtonの人たちの自慢はコーヒー。“The Capital of Coffee”というくらい、どこに行っても美味しいコーヒーが飲めます。食事も安くて美味しいものが手軽に食べられます。
“Windy Wellington”と言われるほど風が強い街でもありますが、冬の寒さはそれほど厳しくありません。ただ南半球なので日本と季節は真逆ですので気をつけて。治安や人の温かさという点では、間違いなく一番のお勧めです。
学部一覧
大学院一覧