学部・大学院

タスマニア大学

University of Tasmania(タスマニア大学、オーストラリア)

English Language Centre

http://www.utas.edu.au/elc/

※プログラム内容・費用などはすべて目安であり、変動の可能性があります。

コース名称・期間・内容
UTAS Access-English
【Module 7】8月-9月
【Module 8】10月-11月
【Module 9】11月-12月
Two week break
【Module 1】1月-2月
【Module 2】2月-3月
費用など
費用:200万円 ※概算:渡航費および標準的な生活費を含む
滞在:ホームステイ
生活情報

図書館では、日本の新聞も読めます。豊富なスポーツ施設、売店、本屋、旅行代理店などが設置され、大学医療センターも充実しています。
言語交換プログラムで、日本語を教えて、英語を学びましょう。専門のやさしい講義に出てみましょう。英語授業の一つとして現地の学生とおしゃべりを楽しみましょう。Student Union主催のダンス・パーティやコンサートにも参加しましょう。体育会系から文化系までいろいろなクラブがあり、入部は歓迎されます。

教員による印象・コメント

シドニーやメルボルンといった大都市と異なり、留学に最適な静かな港町です。その分だけ安全度も高いといえます。今年タスマニアに半年留学から帰ってきた学生は声をそろえて、「落ち着いて英語が勉強できる環境だった!」、「人々がフレンドリーだった!」と言っています。
地図を見ると、南極のすぐ上で寒そう、という感じを持つかもしれませんが、夏場で22度、冬場で13度ぐらいの平均気温です。いかに過ごしやすいか、容易に想像がつくと思います。ただし、タスマニアへ行く時期は冬ですので、防寒対策も忘れずに。
タスマニア大学とは交換留学も実施しており、「椙山女学園大学からの学生は大歓迎です」とのメッセージをもらっています。

留学経験者の声
留学前の私は、スピーキングがあまり好きではありませんでした。むしろ苦手というべきでしょう。自分のスピーキング力に自信がありませんでした。留学を通じて、私は様々な国からやってきた、私と同様に英語を学習している留学生に出会いました。皆、臆することなく自分の意見を英語で話していました。文法や単語が間違っていようとも、彼らは自信をもっていました。「私は英語を勉強している生徒なんだ。完璧じゃなくたっていいんだ。」気づけば、今では私はスピーキングが一番好きになっていました。(S.M)
学部一覧
大学院一覧