学部・大学院

横家純一 社会学

大衆文化を感性ではなく、知性で研究する視点を養う。

社会の“仕組み”や世界の“謎”について解明したい人が集まります。とくに、「表現・コミュニケーション」という観点から、人びとの意識や行動について調べます。方法としては、社会研究や文化研究の文献・資料―たとえば、遠藤英樹ほか『メディア文化論』(世界思想社、2013)―を読みこみ、みんなで考えます。人間の知的財産をめぐって、教師と学生が、自由な発想で、ぎりぎりのQ&Aを繰りかえすことが、授業の理想です。
横家純一 教授 プロフィール

1953年生まれ、1987年から椙山在職。専門は社会学。とくに、人びとの生活体験(http://blog.sugiyama-u.ac.jp/user/mamoru/index.html)に関心があります。

学部一覧
大学院一覧