学部・大学院

専門教育科目の学び

対象別の専門看護から、
地域医療、公衆衛生看護まで
幅広い看護実践力を獲得

多様化・高度化する医療・看護サービスに対応できる看護職養成のため、看護の対象となる人間そのものや人間を取り巻く環境、健康について理解し、その上で看護対象別の学びとともに、地域生活者のニーズに応える多様な看護について学びます。さらに演習形式で知識と技術を統合することで学びを深め、確かな実践力を身につけて臨地実習での看護展開に望みます。

専門基礎科目

看護学の基礎として人間の理解(人間の心や身体の構造と機能)、人間と看護(疾病の原因とその回復過程)、人間と環境(人間を取り巻く社会環境)について学びます。

専門科目

基礎看護学
看護師としてのアイデンティティを築き上げる看護学の基礎。看護の理念や援助の本質について学ぶとともに、あらゆる看護場面に共通する看護の方法と過程について学びます。
健康・発達と看護
4つの看護対象ごとに、それぞれの対象と家族への援助に必要な看護の知識と技術を学びます。

成人看護学

成人期の代表的な疾病の治療と病とともに生きることに焦点を当てた看護

老年看護学

老年期に生きる、個の高齢者および家族への看護

母性看護学

ライフスタイル各期の女性や周産期の母子と家族への看護

小児看護学

子どもの成長発達と健康障害をもつ子どもと家族への看護

生活支援と看護

地域で生活し、在宅療養や保健医療、福祉サービスを必要とする方への看護実践について学びます。

精神看護学

精神保健看護(心のケア)の必要なあらゆる人々とチームで協働する精神看護

在宅看護学

看護を求める人のニーズに応じた個別的な看護展開や、保健医療福祉制度への理解

公衆衛生看護学

行政や学校、産業分野における公衆衛生看護活動の方法と集団的対応技術

看護の統合

幅広く学んだ知識・技術を統合し、看護学を総合的に展開できる能力を養成。振り返りにより基礎技術を着実に身につけるとともに、卒業研究を通して問題を解決する能力を培います。

英語学習プログラム

看護学部では看護の現場でも使える基礎的な英語力の習得を目指し、独自の英語学習プログラムを設けています。
学部一覧
大学院一覧