学部・大学院

卒業生の声

看護師として大切にしているのは、関わらせていただく感謝を言葉にして患者さまに伝えること。

看護師になることが夢でした。椙山を選んだのは、施設や教育体制の充実に加え、大学病院や市民病院など多様な実習先をもつことが決め手になりました。当時から4年後の就職を意識していた私にとって、実習を通して多くの病院の雰囲気に触れられることが魅力でした。大学では、看護や医療の基礎を学ぶ授業と看護技術を実践的に身につける演習や実習、そして国家試験に向けた学びと、忙しくも充実していました。そのすべてが看護師として働くうえで必要なものでした。現在、総合病院の消化器内科・泌尿器科・皮膚科の病棟で働いていますが、内科と外科の混合病棟のため、さまざまな症状の患者さんが入院されています。人体構造などの基礎知識は、患者さまそれぞれの疾患や症状を理解するうえで役立っています。国家試験対策で身につけた知識も、臨床に欠かせません。また、就職活動中、先生方には小論文の添削や面接相談にものっていただきました。他にも先輩方が残された就活報告書もあり、就職サポートの充実を実感しました。新人の私は技術も未熟です。患者さんには「させていただく」気持ちで接し、処置が終われば「ありがとうございました」と、感謝の気持ちを伝えるよう心がけています。この初心を忘れず、一つひとつできることを増やしながら、看護師として成長し続けていこうと思います。

地域の方一人ひとりと信頼関係を築き、継続した支援ができることにやりがいを感じています。

保健師として、妊婦さん・赤ちゃんから高齢者まで、幅広い年代の方々の健康支援に携わっています。担当地区の各家庭を訪問し、乳幼児の発育・発達支援につながる指導を行ったり、保護者の健康相談に応じるほか、乳幼児健康診査では子どもたちの成長発達を診ています。また、母子保健グループの一員として、乳幼児発達相談、母乳相談などの教室を開催するなど、保健師の仕事は多岐に渡ります。そんな中、多くの人と関わるうえで欠かせないのがコミュニケーション力。学生時代、「コミュニケーション技術論演習」の授業を通し、自分のコミュニケーションの特徴や改善点について学んだことが、今の仕事に生きていると実感しています。また、就職試験対策として受講したマナー講座で身に付けた、丁寧な言葉づかいや立ち居振る舞いも、地域の方一人ひとりと対話し信頼関係を築く上で、とても役立っています。私たち保健師の仕事で大切なのは、相手が何を必要とし、どんなことで困っているのかを見極めること。常に相手の立場に立って考え、必要な支援ができるよう心がけています。この仕事のやりがいは、地域の方々と深く関わりながら継続した支援ができること。家庭訪問でふれあった赤ちゃんと、乳幼児健康診査や地域の子育てサロンで会えることもあり、お子さんの発育発達を継続して見守れることに大きな喜びを感じます。

学部一覧
大学院一覧