学部・大学院

卒業生の声

幅広い看護現場での実習経験、さまざまな先生との出会いから自分の看護師像が見出せました。

将来、看護師として働くにあたって、どんな病院が良いのか大学4年間を通して考えていました。椙山には多様な実習先があり、それぞれの病院で異なる雰囲気や考え方を知ることができました。また、各専門分野に精通した先生方からの的確なアドバイスは、分野ごとに求められる看護師像を明確にしていくことに役立ちました。学内の病院説明会で各病院の方からより詳しく話を聞けたことも、自分が求める職場との出会いにつながりました。
現在は、高度急性期病院としてのすべての機能を備える総合病院の神経内科病棟に勤務しています。ここには脳梗塞や脳出血で入院された患者さまが多く、一人ひとりのADL(摂食・着脱衣・排泄・移動など基本的な日常生活動作)を把握し、できることを増やしていけるよう援助しています。毎日の仕事の中で大切にしているのは、患者さまに対して丁寧に接していくこと。ここに入院されている方は、突然の病気に不安を抱え、そのストレスが治療に影響することもあります。そのため、ケアを実施する際は必ず声がけをし、理解してもらえているか確認するよう心がけています。こうした対応に、患者さまの笑顔やご家族から「ありがとう」の言葉をいただけると、大きなやりがいを感じます。大学時代に学んだ、患者さま一人ひとりを尊重し、病気だけでなく心理的な面や社会との関係性も含めて対応していくことの重要性を改めて感じながら、働く毎日です。

保健師として親身に寄り添う姿勢は、さまざまな授業や実習を通して身につけることができました。

主体性を重視した学びや整備された学修環境に魅力を感じ、椙山の看護学科に進学。多彩な病院での実習を通して多様な看護観や価値観にふれることができました。そうした中で、幅広い年齢層の方々の日常生活に密着した保健活動に携わりたいと考えるようになり、行政で働く保健師をめざすことを決意しました。看護師と保健師の国家試験対策の両立は大変でしたが、ゼミの先生に保健師のやりがいや自分に向いている点をお話ししていただき、モチベーションを高めることができました。また、保健師になった先輩の就職活動の報告書や、実習グループのメンバーたちの存在も、大きな支えになりました。
現在は、保健センターで主に成人保健業務、予防接種業務を担当し、母子保健業務にも携わっています。日々、大切にしているのは、対象となる方と対等な立場で一緒に考えること。大学の「コミュニケーション技術論演習」や「カウンセリング論」の授業で、相手を理解するために必要な聴く力や伝える力、さらに、広い視野とそれぞれの価値観を尊重する姿勢を身につけたことが、今の仕事に役立っています。保健師として働くうえで、子どもの成長発達や育児などに関する幅広い専門知識は欠かすことができません。ただ、経験を重ねることでしか得られない知識や技術も多くあります。これからも対象者に寄り添いながら信頼関係を築き、さまざまな課題に対応できるよう成長し続けたいと思っています。

学部一覧
大学院一覧