学部・大学院

学修モデル

自ら描く将来像に対応した3つのモデルをベースに
社会で生きる専門知識を修得

目標達成の実現に向け、ヒト・モノ・お金・情報を駆使し、課題を克服するマネジメント力。それが求められるのは、ビジネスシーンだけではありません。企業はもちろん、地域、行政、国際社会など、組織活動が行われるあらゆる分野でその力は必要とされます。現代マネジメント学科では、めざす将来に直結する学修モデルを確立しています。

企業分野向けモデル(経営戦略/会計/ファイナンス)

経営組織のあり方やマーケティングの仕組み、税務会計の方法、消費者ニーズについて学ぶほか、グローバル化する社会の中で活躍するために国際経営や国際経済への理解も深めます。

地域・公共分野向けモデル(公共マネジメント)

地域や公共の仕組みを知るうえで重要な法律、政治、経済を中心に学びます。また、地域社会の経営には効率性が求められるようになっており、民間企業の経営方法を応用できるよう経営の基礎も修得します。

国際分野向けモデル(グローバル・ビジネス)

国際経営や国際経済、国際法、国際機構について学び、国際関係のあり方を理解します。また、企業内や地域社会の国際化に対応できるコミュニケーションのあり方への理解も深めます。
学部一覧
大学院一覧