学部・大学院

発展科目

社会に広く求められる、心理学応用の力を身につける

心理学は、社会のさまざまな場面でその知識を生かせる科学です。心理学科では、人間と人間関係の諸問題を心理学の視点から理解し、共感するための知識や技術の修得をめざします。人間関係の基礎、心理についての基礎を段階的に学んだ上で、興味や関心に合わせて専門性を深める3つの領域の発展科目から、学びの深度を深めていきます。

心理臨床と医療

人々の精神的健康について多角的に学び、社会に貢献

こころに困難を抱える子どもたち、ストレス社会に生きる大人たち…。誰もが少なからず心理的負担を背負う現代社会において、人々の精神的健康について考える臨床心理学は有効な学びです。「心理臨床と医療領域」では実践的な授業を幅広く用意。こころのケア、家庭や生き方の問題についての多角的な知識は、公認心理師・臨床心理士をめざす学生にも有益です。

発達臨床

教育・福祉の現場で生きる発達心理への深い理解

子どものこころ、親のこころを学ぶ「発達臨床領域」。成長過程における人の心理発達、親子関係の中での両者の心理の変化などを理論から理解したうえで、実践的な学びも深めます。身につけた知識やさまざまな課題への心理学的アプローチの手法は、卒業後、教育・福祉の現場や地域社会で大いに発揮できます。

認知と行動

企業のさまざまな部門で活用できる
多様な心理学を学ぶ

身体とこころの関係から文化と環境の問題まで、幅広く学べる科目を充実させています。行動心理学や対人関係の心理学など、人間関係力の向上に役立つ学びのほか、比較文化論、マスメディア論、コミュニケーション論など、心理学と深く関連する学びを深めることで、企業や社会で広く求められる心理学の活用法を探ります。

学びの流れ

4年間を通して段階的に学ぶ

心理学の基礎固めからスタートし、自身の関心に応じて専門領域での学びを深めながら、ケースメソッドや演習で体験的に知識・スキルを修得。卒業後にめざす進路とリンクさせながら実践的な学びを追求することで、社会で生かせる心理学の素養を身につけます。

1年次

2年次

3年次

4年次

人間関係・心理学の
基礎を学ぶ

心理学実験で、心理学研究の基礎を実践的に学び、同時に発展科目で学びを深めていく

ケースメソッドや演習で、少人数のグループにより体験的な学びを経験

学びの集大成として
卒業論文に取り組む

学部一覧
大学院一覧