学部・大学院

アパレルメディア領域

詳細紹介

アパレルデザイン分野

担当教員:[教授]橋本 令子

研究テーマ
現在の衣生活は、衣服を着装することで心豊かにさせていますが、生活者はアパレル商品のライフスタイルの短縮化、多品種少量商品、短納期となって、態度や価値観、嗜好などを細分化しています。こうした被服に関する行動について社会調査し、個人・生活者の立場から研究を進めています。また衣服を成立させる色彩・形・材質を取り上げ、視覚と触覚・嗅覚の複合作用について、衣服の印象や感情を心理的・生理的に測定し両者の関係について検討しています。最近は高齢者、色弱者を対象にした衣生活環境について関心があり、人に優しい快適なカラーユニバーサルデザインについても研究を推進しています。
メッセージ
研究は調査や実験をともないますので、短期間では先は見えません。どん欲に取り組み、十分消化して前進していく必要があります。研究にどっぷりと浸かれるチャンスが持てることは、自分自身に磨きをかけることとなり社会に向けて自分を豊かにしてくれます。将来、アパレルの研究者として活躍してほしいと思います。衣服や衣生活に関心があり、色彩や形に興味のある方は研究室を訪ねて訪ねてください。
アパレル設計・制作分野

担当教員:[教授]石原 久代

研究テーマ
私たちが着用しているアパレルは、単に布地やデザインだけでは成立しません。創作されて初めて衣服として成立します。さらに、そこには着衣基体としての「人」が存在し、人が着用して初めてアパレルとしての用をなします。着衣基体である人はモノではなく、常に動き、一時として全く同じ状態にはありません。アバレル設計・制作においては、人にとって着やすく、快適で、さらに美しい衣服を作り出すことが究極の目的になります。そこには人と衣服の物理的な動きだけでなく、生理的、心理的な要因なども複維に絡み合っています。この分野はこれらの要因を解明していくことが主な研究内容といえます。
最近は、縫製の糸通し作業における見えに関する研究やマルチデバイス対応型アパレル制作コンテンツについて研究しています。
メッセージ

アパレルメディア領域の各分野は独立しているものでなはなく、全てが繋がっています。大きな視野を持って関連分野を含めて学修し、研究には細かい配慮をもって挑んでもらいたいと思います。さらにこの分野のスペシャリストとして少しでも社会に貢献してくれることを望みます。

アパレル材料システム分野

担当教員:[講師]井上 尚子

研究テーマ
アパレル材料の本質的な品質や性能には時代や流行、個人の嗜好にとらわれることのない人間の感性に適合した普遍的な品質が存在するであろうことが考えられます。このような視点から、主として婦人服地の品質に関して、人間の感性との関わりから、より人間に好まれる高度な人間の感覚で捉える品質として、風合い、主観的評価の判断基準、着衣基体と衣服の関わり等を明らかにして、具体的な性能設計に生かすような研究を進めてきています。婦人服地の力学的性質、熱水分移動特性からシルエットデザインや品質を客観的に評価しています。
メッセージ
より快適で、美しく、生活の質を高めるような専門知識と能力を身につけて、周辺の知識も吸収して、社会に貢献してほしいと願っています。
トピックス

婦人服地の品質を客観的に評価する客観評価式を導き、以下のように発表している。

  • "Objective Evaluation of the Quality of Fabrics for Ladies' Tailored-Type Jackets for Spring and Summer", Journal of Textile Engineering, Vol. 55, No. 1, pp. 1~11, 2009
  • "婦人服地の品質の客観的評価",日本繊維機械学会誌,Vol.55,No. 5,T48~T58,2002
アパレル環境調和分野

担当教員:[教授]上甲 恭平

研究テーマ
われわれの身の回りにある繊維製品のライフサイクルから地球環境への影響を眺めると、持続可能な地球環境を維持するうえで考慮すべき多くの課題があります。現在、天然繊維の需要は綿(コットン)を除いて減少しています。減少の要因の一つに機能化合成繊維に比べイージーケア性に劣ることが挙げられます。天然繊維は自然の循環に沿ったライフサイクルをもつ環境に優しい素材です。持続可能な地球環境を維持するうえで天然繊維の高機能化はアパレル環境調和分野にとって重要な課題と言えます。本分野では、天然繊維をより取り扱いやすい繊維素材とすることをめざして、綿、羊毛に代表される天然繊維の高機能化技術の開発および新素材化技術の開発について研究を行っています。
また、羊毛繊維の熱や引っ張り強伸度などの基本特性に関する基礎研究を行っています。最近では、毛髪の熱特性および曲げやねじり特性なども研究しています。さらに、これらの研究から派生した毛髪の染色(カラーリング)やパーマネントウェーブの研究・開発も行っており、研究対象は広範囲にわたっています。
メッセージ
研究のことを常に頭の片隅に置き考えていると何かが「閃く」、この閃きが研究をおもしろくすることでしょう。
学部一覧
大学院一覧