新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. テニス部が第44回全国中学生テニス選手権大会団体戦ベスト16に入賞

テニス部が第44回全国中学生テニス選手権大会団体戦ベスト16に入賞

テニス部が第44回全国中学生テニス選手権大会団体戦ベスト16に入賞

2017.09.15

 8月18日(金)~20日(日)、沖縄県総合運動公園(沖縄県沖縄市)で第44回全国中学生テニス選手権大会が開催され、椙山女学園中学校テニス部がベスト16に入賞しました。
 この全国大会は、愛知県大会で4位以内入賞したチームが東海大会へ進出。東海大会で4位以内入賞で出場が確定します。全国から32校の出場がありました。
 本校は、東海大会で優勝し、シード校として参加。大会初戦は、開催地の沖縄の学校に4勝1敗で勝ち、続く2回戦で強豪校の神奈川県の桐光学園中学校と対戦しました。幸先よくダブルスで2勝しましたが、激戦の末、相手の粘りの前にシングルスを3試合とも落としベスト16入賞という結果でした。
 個人戦では、阿知波里佳さん(中3)/鍋田紗央さん(中2)ペアが出場。初戦に北海道のペアと対戦し、序盤リードをしながらも逆転で敗退しました。
 試合を終えた部長の松葉亜子(中3)さんは、「結果は、残念だったけど、最後まで勝つことだけに集中し、ひとりひとり納得のいくプレーができた」と満足した様子でした。また、新キャプテンの堀田明花(中2)さんは、「先輩方が築いてくれた強い椙山テニス部を引継ぎ、来年は必ず全国でベスト4以上に入賞したい」と来年への抱負を語り、チーム一丸となって、この大会で勝ち上がるために、長い時間練習に取り組んできたことは、チームと個人の財産になったようです。今後も応援よろしくお願いします。