椙中Days

  1. ホーム
  2. 椙中Days
  3. 中1 中間考査国語の問題から

中1 中間考査国語の問題から

2016.05.30

中間テストが終わり、今日から答案返却が始まっています。

中1は初めての定期考査でしたが、皆よく頑張っていました。

さて、中1の国語では授業で宮沢賢治の「オツベルと象」を扱ったため、作品の「最後の一文」をどう解釈するのか、に関連する問題が出されました。

さまざまな解釈が可能な一文で、授業では先回取り上げた「読書会」のように、さまざまな読みを発表し合い、深め合う箇所かと思います。

ですから、テストでも各自の考えを書かせるタイプの問題を出題し、記述する際の「条件」をいくつか提示します。

生徒は、示された条件を守りつつ、自らの見解を述べることになります。

この場合の採点の基準は、提示された条件を満たしていて、論理が通っていることと、になります。

「唯一の正解を、機械的に採点する」わけにはいかない種類の問題を出題し、担当者同士で妥当な採点法を協議する、そういう在り方を、これからも大切にしていきたいと考えています。